ブレインスリープ (BrainSleep) | 公式ブランドサイト by 株式会社ブレインスリープ

【睡眠警報︕全国的な梅⾬⼊りで寝苦しい季節到来】 質の下がる梅⾬時の睡眠に向けた“快眠テクニック”を解説︕ 2022 年の梅⾬は「短い期間に集中して多くの降⾬」、例年より低気圧が懸念

株式会社ブレインスリープ(本社︓東京都千代⽥区、代表取締役︓道端孝助、以下「ブレインスリープ」)は、“睡眠と脳を科学する” を企業メッセージに掲げ、世界で⼀番睡眠時間の短い⽇本⼈の睡眠の質を向上するため、商品開発からコンサルティングまで、さまざまな事業を展開しています。ブレインスリープは正しい睡眠知識の提供をその使命の⼀つとしていますが、6 ⽉に⼊ってからは例年通り快眠対策に関する検索が⽇々上昇している中で、この季節ならではの睡眠課題を解決するための⽅策を提案することの重要性を認識しています。

 

<2022 年の梅⾬は「短い期間に集中して多くの降⾬」予想︕梅⾬時の2 ⼤快眠テクニック︕>
✔低気圧による「⾃律神経の乱れ」対策
✔⾼湿度や寒暖差による「不安定な体温調整や環境」対策

 

  • 近年、気圧の変動に激しさが増している

2022 年の梅雨は、期間は短いと予想されていますが、同時に短い期間の中で集中して多くの降雨があると予想もされています。
近年、気候変動の影響もあり、全国的に気圧の変動の激しさが増しており、春の季節には短時間で急速に発達する低気圧である「爆弾低気圧」が増加している、もしくは、気象庁アメダスの観測では1年を通して局地的大雨(ゲリラ豪雨)や時間降水量 80ミリ以上の「猛烈な雨」が増加している、といったデータ※1も出ています。

低気圧の影響を受けやすい地域
日本は周囲を海に囲まれているため、比較的天気の変化がみられるといわれています。盆地や標高の高い地域は、朝晩と日中との気温差(1日の寒暖差)が大きくなる傾向があり、気圧変化に影響を与えます。
また、低気圧は⻄から発達しながら東に通過することが多く、日本の東側は低気圧の影響を受けやすいと考えられます。
※1 https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/extreme/extreme_p.html

 

  • 寝苦しい季節、おうちですぐにできる“快眠テクニック”

低気圧による「自律神経の乱れ」対策
梅雨時期は気圧が下がり低気圧の日々が続きます。低気圧は、頭痛やめまいなどの体調不良を伴う気象病“天気痛”を引き起こすといわれており、周囲の環境が変わったときに体内環境を保とうとする力を管理する「自律神経」を乱す大きな原因の 1 つです。
自律神経は、昼間や活動時に活発になる「交感神経」と、夜間やリラックス時に活発になる「副交感神経」の 2 種類あり、このスイッチングのバランスが崩れることが自律神経の乱れです。

 

  • スイッチングをコントロールし、自律神経を安定させる

✔気が注ぐツボ「井穴(せいけつ)」を押す!
井穴は、各指の爪の両脇にありますが、特に薬指は交感神経スイッチといわれており、気圧の変化による頭痛時には、薬指の井穴を痛気持ちいいくらいの圧でぎゅーっと押さえることをお勧めします。
睡眠に効くツボは中指、薬指、小指に集中しています。

 

✔呼吸を整える事でセルフコントロール
<吸気:3 秒吸う>+<呼気:7秒吐く>
呼気は吸気の倍の時間をかけることがポイント。
呼気を⻑くするコツにハミング(鼻歌)があり、意識して鼻から空気を吐くことで肩の力が抜け、上手に吐くことができます。

 

  • 高湿度や寒暖差による「不安定な体温調整と睡眠環境」対策

湿度は空気中に含まれる水分の割合です。汗は体温調節を促しますが、梅雨時期は高湿度になるため、空気に新しい水分を取り込む余裕がなくなり、体内の水分が汗となって蒸発しにくくなります。
発汗がうまくいかないと、体内に熱がこもったり、反対に代謝の悪化から体の冷えを誘発したり、体温調整が不安定になります。

 

湿度の管理には睡眠環境の改善が大切! 
✔室内の湿度は 40〜60%が理想!
特に湿度の高い梅雨はエアコンの除湿機能を使いましょう。一年を通して室内の湿度をおおよそ50%程度に保つことができれば、快適な空間で眠りにつくことができます。

 

✔エアコンの設定温度は 27°C前後で、睡眠の前は 25°C 程度の低い温度で部屋を冷やしておき、就寝後2時間のタイマー設定をするのがおすすめ。
冷房より除湿もしくはドライに設定することで、室内の湿度を下げ、不快感を抑える効果があるため、冷房温度を上げることができます。

 

✔暑い夜、人は寝ている間に 500ml以上の汗をかくと言われています。
そのため、寝汗対策に優れた吸放湿性の高い寝具がおすすめです。
寝苦しい季節に、環境変化に負けない安定した質の高い睡眠をとることで、ヘルスケアのコントロールにも寄与するブレインコンディショニングを整えていきましょう。

 

ブレインスリープは“質の高い睡眠”を体験していただくべく、下記の2つの事業を展開しています。

・Brain Sleep Conditioning Studio(ブレインスリープ・コンディショニングスタジオ)
「眠りと心身を整える」をコンセプトに改善型メディカルマッサージをご提案する鍼灸マッサージ院
https://brain-sleep.zzz-land.com/contact/conditioning_studio/

 

・zzzLand(ズーランド)
最適な睡眠が見つかる睡眠グッズ専門ECサイト
https://www.zzz-land.com/shop/default.aspx

 

一覧に戻る